support@aonoki.shop

アマゾンオリーブ

アマゾン・オリーブ【Syzygium cumini】

花言葉:「新生」「再生」「思い出」

アマゾン・オリーブはオリーブという名がついていますが、ユーカリに近い品種です。原産地はインド・タイ・フィリピンなどの東南アジアで、別名『ムラサキフトモモ』ともよばれ、細いシルバーグリーンの葉と、白く繊細な枝はお部屋を涼やかに演出してくれます。 インテリアプランツとしては、まだ新しく希少価値の高い植物です。 耐陰性に優れて一年を通して室内で管理できるので、店舗やオフィスなどへのギフトにも最適です。

アマゾン・オリーブの管理方法

【置き場所】

少し暗めで涼しい場所がおすすめです。レースのカーテン等で日差しを少し遮った風通しの良い窓際にて管理してください。頻繁に置き場所を変えるとストレスが加わり落葉の原因となるので注意が必要です。アマゾン・オリーブは直射日光に弱いので半日影で管理出来ますが、春に生育期に入るので十分な光量が必要となります。天気の良い日はベランダに出して日光浴をさせてあげるといいですね。

【水やり】

アマゾン・オリーブはお水が大好きなので、春・秋は土の表面が乾き始めたら鉢底から抜けるほどのたっぷりの水を与えましょう。乾燥に弱いため真夏の暑い時期は葉水も併せてあげると良いでしょう。アマゾン・オリーブは水が足りなくなると枝の先が垂れてきますが、水を上げるとピンと復活してきますので心配しなくて大丈夫です。

長期間水が足りない状態が続くと落葉の原因となりますので枝の先が垂れてきたらすぐに水をあげて下さい。見た目で水やりのタイミングがわかるので、管理しやすい植物と言えるかもしれません。
※届いた直後は、土が湿っていても、一度鉢底から抜ける程のお水をあげて下さい。

【害虫】

葉の表裏にハダニ(0.5㎜ほどの小さな赤いクモのような虫)が付くことがあり、夏・秋に多く発生します。ハダニは水に弱い為、葉に木酢などで霧吹きなどをし、予防しましょう。日当たりや風通しの悪い場所では、カイガラムシ(白い綿のようなもの)が付きやすくなります。もし付いてしまったらまず歯ブラシなどで綺麗に取り除き、その後殺虫剤の散布を行ないましょう。